ホームレス中学生 感想

ホームレス中学生の感想




2008年ドラマ映画

古厩智之監督

小池徹平主演


今作はある日突然ホームレスとなった青年が、その後の過酷な日々を送る姿を描いた物語。


お笑いコンビ・麒麟の田村裕さんの書籍が話題となり、それが映画化となって制作された作品です。


今作を見て思ったのが、色々と学びを教えてくれる作品だということです。


「ある日突然ホームレスになったら、人はどうなるのか」ということが非常に細かく描かれている作品となっていました。


今作をレビューの中には、「嘘がある」「生温い」などの声もありましたし、私も映画を見ていてこんな過酷な生活を送る必要もなかったのでは?とも感じました。


そこは恥じらいや見栄などを捨てて、友人や誰かに「助けて」といえばここまでの事態とはならなかったかと思います。


ですが、今作は田村さんの体験談ということもあって、田村さんの性格なども見て取れる作品になっていたのでしょう。


そう考えると、そこも含めて楽しめる作品でした。


「実際に自分がその状況に置かれたら…」と考えさせてもらいました。


実際に私の突如ホームレスになったら、パニックになって何もできなくなるかもしれません。


生きるために必要な衣食住の大切さ、さらには家族の暖かさの必要性など、たくさんのことを学べる作品となっていました。